今年に入ってから頭痛と鼻づまりに悩まされています。

花粉症です。

仕事をしている時も寝ている時も本当に辛いです。

もうこんな辛い毎日は嫌だ!

花粉症が治らない!

どうしたらいいんだ!

と考えていたら


ぼ~ん

神社に来ていました。

俺はなぜ神社に来たんだ?と思いながらも何故か清々しい。

空が青々としていて綺麗で、日常で溜まった俺の負の鎧を壊してくれるような気がする。

「気持ちいい!!」

テンション上がっていく。

俺はテンションの上がったまま神社を歩き、境内の前で立ち止まった。

そして、小銭を賽銭箱に投げお祈りをする。

「カミがずっと健康でありますように。Big1等6億円が当たりますように」

拝み終えた直後、神様の声が聞こえてきたのです。


「おい、そこの君。いまいくら投げた?(10円も投げていないと思うけど・・)

あのさぁ、神様をNPO法人だと勘違いしていないか?ふつう、この依頼をこの値段でやらないよね?やる奴絶対にいないよね?神様なめてる?

君にお金がないのは分かっているけど、最初に持っているお金をすべてを賽銭箱に入れてくれたら考えてやったのに・・ん~( -_・)?・・・今日は没ということで」

そんな声が聞こえて聞こえてきたのです。

神様に祈ればなんでも叶えてくれると思っていた俺はこの言葉にショックを受けた。そして神様にも選ぶ権利がある事を知ったのです。

俺はがっかりしながら帰っていると、ふと思ったのです。

「持ち金ぜんぶ賽銭箱に入れるバカがどこにいるのか!」

と、その時!目の前に突如イケメン家族が現れたのです。

格好いい!

服装もユニクロで揃えた俺とは違って、着物を着ている。

完全に俺の方が下だ。

すぐにスマホを取り出し写真を家族に向けた。

ワンちゃん、こっち見て!

 

width="267"

「なんだこいつ。金持ってなさそうだな」

いくら呼んでもこっちを向いてくれない。

そんな時、金持ちそうな夫婦が来て

「可愛い~!こっち向いて~!!!」

ヒュン!!

・・・・・・・・( ^ω^)・・・
犬にも選ぶ権利があるのだ。



俺は今日神社に来て良かった。

欲望を祈っただけで(楽して)手に入れようとする、そんな甘い考え方を捨てようと気づいたよ。

また来るよ。神社さん。