換毛期で食欲旺盛なカミ。

換毛期でエネルギーを使う為、食事の量を増やしているのだが、ちょっとやり過ぎのような感じがする。

このままでは確実にカミはデブになる。

食事の量を減らしてスマートなうさぎにしてあげなければいけない。

ところで最近俺は太ってきている。

カミに「デブになるから食事の量を減らす」とは言いづらい。

そんな事を言ったらカミは「デブにデブって言われたくない」と言って、怒りの穴堀を永遠とするだろう。

だけどこのままだと、カミはデブになるし、病気にもなりやすくなる。それだけは避けたい。

カミに納得してもらえる食事を減らす方法はないのだろうか?

ん~。

分からない!

とりあえず、何も言わず食事の量を減らしてみるか。

「カミ!ご飯だよ!」

ピョンピョンピョン。

f:id:m-danjyo:20161110214550j:image

「お~い!ご主人様正気か?これでいいのか?」

「なに怒っているの?どうしたの?」

とりあえず、すっとぼけてみた。

俺の態度にカミは怒った。

f:id:m-danjyo:20161110215133j:image

「What is this?」

英語・・・・????

こいつ俺の知らない間に英語をマスターしたとは、なんてうさぎだ!

そう言えばカミは、トランプの出ているテレビをくいいるように見てたな。

まぁ、いい。またとぼけよう。

「ご飯だよ」

俺のとぼけた態度にカミはキレた。

f:id:m-danjyo:20161110220248j:image

「少ないんだよ!ボケ!カス!デブ!」

デブって言いやがった。

俺は完全にこの言葉でキレた。

「カミこそ最近太ってきているじゃないか!だいたいエサ箱の上に手を乗せて態度悪いぞ!いいか!よく聞け!俺はカミの健康の事を思って食事の量を減らしているんだ。」

カミは少し時間をあけて俺に言ってきた。

「あのね。次期アメリカ大統領のトランプちゃんは、こう言ってたよ。

⚪何かを語るとき自分のやり方がすべてだと思ってはいけない。

と。ご主人様は僕にご飯をあげ過ぎていると思っているよね。それって本当にあげ過ぎなの?ご飯を減らす事が全てなの?

トランプちゃんはこうも言ってたよ。

⚪人づての情報はあくまで人づての情報にすぎない。自分で情報源にあたろう。

ご飯をたくさん食べ過ぎると本当に病気になりやすいの?それは誰からの情報?友達?お医者さん?その情報があっているかどうか僕がご飯をいっぱい食べて試してみるよ」

自分の都合のいいように解釈するカミ。腹黒いうさぎだ。

俺「(* ̄∇ ̄)ノ意味が分かりませ~ん┐(‘~`;)┌」

イライラ(-‘д-)y-~

f:id:m-danjyo:20161110224019j:image

「どうでもいいから、ご飯増やせ!(#`皿´)」

「増やしませ~ん!d=(^o^)=b」