本格的に寒くなってきたのでカミのケージを冬バージョンに。

ケージを毛布で被い、ヒーターを付け、最後に湯たんぽをケージの中に入れて完成だ。

これで寒い日も安心して過ごせる。

カミもきっと喜んでくれるだろう。

部屋が寒くなってきた。

そろそろカミがご主人様ご自慢の、暖かケージに入ってくれるだろう。(^-^)

しかし、カミはケージに入らない。

もう少し寒くなってきたら、ご主人様ご自慢のケージに入ってくれるだろう。

部屋が更に寒くなる。

しかし、カミはケージに入らない。

何故だ?!

カミはどこにいる?

どこだ!

どこだ!

f:id:m-danjyo:20161108002320j:image

「ご飯くれ~」

なんでやねん!(゜o゜)\(-_-)

「さっき、ご飯をあげたばかりだろう!(-“”-;)寒いからケージに入りなさい!」

と言って少量のご飯をあげた。

カミは喜んでご飯を食べ、満足したのかダッシュでケージに向かった。

ピョンピョンピョン≡3≡3≡3

そしてご主人様ご自慢の冬バージョンケージの中へ入った~!\(^_^)/

そして~ケージの中で~

Uターン!!!

なんでやねん!(゜o゜)\(-_-)

ピョンピョンピョン≡3≡3≡3

そして、どこかに行ってしまった。

どこだ!

どこだ!

カミはどこにいる~。Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

f:id:m-danjyo:20161108002351j:image
「ここだよ。ご飯くれ~」

なんでやねん!(゜o゜)\(-_-)

「いい加減にしろ!風邪ひくぞ!(`ロ´;)」