また、動物虐待の事件が起こった。

熱湯をかけたり、頭を叩きつけたりして10匹の猫が命を奪われる事件だった。

犯行理由は仕事でのストレスを発散する為だそうだ。
動物愛護法違反で逮捕されたのだが、懲役2年以下または200万円以下の罰金とゆう軽い刑で済まされる。
この刑の軽さを見ると、世の中の人達は動物の命の価値を車以下ぐらいにしか見てないように感じる。(それ以下かもしれない。)また、このような事件が何度、繰り返し起きたとしても別にいいと思っているように感じる。
少なくても、このような事件を二度と起こさないようにしようと言う気はない。
僕にとって、うさぎカミの価値は最大だ。家族と同じ価値だ。
もし仮に僕が動物を虐待してる奴に危害を加えたなら重い刑を受ける事は間違いないだろう。
何もしていない動物を自分のストレス解消の為に何匹も殺した奴よりも重い刑になるのは間違いない。
納得いかない。
そもそも価値なんて人間が勝手に決めた評価の値。もし人間の価値と動物の価値が逆転したら人間はどう思うだろう。きっと、納得しないだろう。
動物愛護法違反の刑が重くならない限り、また悲しい事件は起こり続けるだろう。
動物は人間を癒してくれる。人生を豊かにしてくれる。動物を必要としている人間は沢山いるのにこの扱いだ。悲しくなる。腹が立つ。
これから先も、よっぽどの事がない限り、この法律が改善される事はないだろう。改善されない限り、動物の命と人間の命の価値の差が縮まる事はない。
f:id:m-danjyo:20160428225138j:image
僕が飼っているうさぎは心臓の病気だ。
必死でこの一つの命を救おうと頑張っている。
俺はこれだけははっきり言える!

うちのうさぎの命の価値は自分の家族の命の価値と同じ。

自分の家族と動物の命の価値を同じにしろとまでは言わないが、動物の命の大切さを感じる人が少しでも多くなる事を願います。
f:id:m-danjyo:20160429101119j:image