会社でいつもバタバタしている奴がいる。

その子は仕事に取り組む前から「この内容で大丈夫かなぁ 」「これ、期限までに終わらせる事できるかぁ」と心配ばかりして、いつもバタバタしている。

みんながいくら「大丈夫だよ」と言っても全く落ち着かない。

はたから見て、情けない奴だなと思うけど、そいつの気持ちも分からない訳ではない。

俺も与えられた仕事に関して、できるかどうか不安を抱える時はある。

できるかな?大丈夫かな?と。

だけど、やり始める前から考えても、本当にいい案など浮かんでこないし、いい案が浮かぶとしたら、仕事に取りかかっている最中だ。

そう考えると、できるかどうかはやってみないと分からないのだ。やるしかないのだ。やり始める前から考える事は無駄なのだ。

結果の事もそうだ。

最高の仕事ができたと自分で思っていても、ダメ出しを食らう事は、たびたびある。

逆に、全然ダメだと思っていた仕事がすごく評価されたりする事もある。

結局、いくら自分で考えても、いい仕事ができたかどうかなんて自分では分からない。

評価するのは他人だからだ。

いい仕事に向けて自分自身で、できる事といえばベストを尽くす事だけだ。

俺は思う。

仕事での心配事の90パーセント以上は取り越し苦労だと

だから俺は、やる前からできるかどうかの心配をする事は無駄だと思っているし、むしろできないかもと思う仕事ほど、できると自分に言い聞かせている。

その結果、ダメ出しを食らったとしても全く問題はない。次回からそれを改善すればいいだけの事だから。

ところで、うちのうさぎカミは無駄な悩みなど一切しない。

目を閉じてご飯がくるのをひたすら待つのだ。

f:id:m-danjyo:20161117112941j:image

「あと5分くらいしたらご飯くるかなぁ?ご飯の前にパパイアかな?」

こいつは無駄な悩みの事を熟知しているうさぎだ。