携帯の更新がきたので、今よりもお得な携帯はないかと携帯ショップに探しに行った。

そこのお店は激安の携帯を売りにしているショップで、店員は皆バイト感覚のノリで仕事をこなし、見た目も話し方も信用できない店員だった。

最初はすごく不安だったけど、店員の一生懸命頑張る姿と満面の笑顔の接客が感じよく、少し不安だったけど、ここで契約する事に決めた。

契約の説明を受けている際、店員の間違いが何個かあって途中不安を感じたけど、そのまま契約を終えた。

翌日、店員から電話が掛かってきました。

「⚪⚪さん。昨日の申込書に不備がありましたので、ご来店頂けますか?」

「え、どんな不備ですか?」

「記入して頂かなければいけない所を言い忘れて。」

え・そっちのミスなのに俺が店に行かなければいけないの?おかしくねえ?

俺家から店まで車で30分以上もかかるんだぞ!

と怒りが込み上げたが、全然悪い事をしたと思っていない天然ウキウキ女性店員のハイテンションな声を聞いて

「あと1時間ぐらいしてから行きます」

と言ってしまった。

昨日の不安が・・。接客の態度はいいけど知識が・・・・

電話を切った後、怒りがこみ上げてきたが、これで終わるから我慢しようと怒りを抑え店に向かった。

店に着くと天然ウキウキ店員が満面の笑みで

「お待ちしていました。今日は寒いですね。こちらにどうぞ」

Anger.

おいお~い!!

謝罪は?俺はあなたのミスでわざわざ40分もかけて車で来たんだぞ。普通「すみません」から始まるだろう。どんな思考回路してんだ!コンニャロー!と思いながらカウンターの席についた。

天然ウキウキ女性店員は悪びれる事なく満面の笑みで

「ここに記入して下さい」

と言ってきたので記入した。記入が終わり帰ろうとすると天然ウキウキ女性店員は

「何か分からない事があれば、なんでも聞いてきて下さいね!」

と言ってきた。

Promotion

俺は一瞬耳を疑った。昨日の契約の際、分からない事があったのでいくつか質問したんだけど、ウキウキ店員はほとんど答えられず、質問する度に店長らしき人に聞いた。な・の・に!!(゜ロ゜ノ)ノ「なんでも聞いて来い」と言うのかい!君は!

と思いながらも悪意のない笑顔満点の天然ウキウキ女性店員を見てると怒りが消え、むしろ心地良かった。

完全に魔法にかけられてる!いつもなら怒りが爆発しそうなこの場面で、あろうことか心地よさを感じている。

ここはキャバクラか?

家に帰るとインターネット会社から契約確認の電話が掛かってきた。(昨日、インターネットの会社を変えると携帯料金がお得になるとゆう事でインターネットの契約もしたのだ。)

「契約の確認ですが、AプランとオプションBのお申し込みでよろしいですよね?」

えっ!契約の時オプションなんて聞いてもいないし、頼んでもいない!

すぐに「いいえ、オプションBは申し込んでいないですけど」と言い、一旦電話を切って携帯を買ったお店にすぐに電話した。

電話をかけたら天然ウキウキ女性店員がでた。俺の名前を言うと「先ほどは、どうもありがとうございました。どうかされました?」またしてもテンションアゲアゲの対応。「はい。インターネット会社から契約の確認があって、頼んでもいないオプションに入っていたのですが」と言うと天然ウキウキ女性店員は確認するので少々お待ち下さいと言って保留にした。1分ぐらい経ってから

「お待たせしました。オプションに入っていましたね。なんででしょうかね?」

はっ!?はっ!?はっ!?

anger

どうもこうもないだろう!昨日あなたが間違って申し込んだんだろ!と怒りが爆発しそうになる。しかし店側のミス。あとの事は店が処理してくれるだろうと思いながら天然ウキウキ女性店員に聞いた。

「どうしたらいいですか?」

すると、天然ウキウキ女性店員は

「お客様が直接、インターネット会社に電話してオプションを外して下さい」

とまた悪意のない明るい感じで答えてきた。

お前!いま何って言った?店のミスだぞ!み・せ・の!それは店がやるべきだろう!俺は冷静になり聞いてみた。

「そちらのミスだから、そちらで処理してもらえないのですか?」

と言うと、天然ウキウキ女性店員は甘い声で

「できないんですよ~。お客様本人じゃなきゃ、できないんですよ~」

と言ってきた。

普通であれば完全にぶちキレている所だったけど悪意のない感じのいい、甘い声にまたしてもやられてしまい。

「あ・じゃあ電話します」

と言って電話を切った。

完全に俺は天然ウキウキ女性店員にK.O.された。

感じのいい店員というだけなら、俺はきっと文句を言っていただろう。だけどそこに悪意がないが入ると何故か怒れない。

笑顔満点天然ウキウキ女性店員-ミス+悪意がない=笑顔満点天然ウキウキ女性店員

という自分でもよく分からない図式が頭で完成されるのだ。

完全に俺はバカだけど、これだけは言える。

俺は悪意のない人を怒れない、優しい心の持ち主なんだ。

Amelia's Sad Face