rocketnews24.com

正直、このニュースは衝撃を受けた。

誰でもきれい事は言える。

理想や信念を強く持っている人もいる。

だがもし、Woralopさんのような状況に陥った時、あなたは財布を持ち主に返す事はできるだろうか?

きっと、どんなに信念を強く持っていたとしても生きる事に困っていれば、生きる為ならしょうがないと財布を届ける事はできないのではないだろうか。

財布を届ける事ができないのは普通だし、生きる事を考えれば財布を届けないで自分の物にする方が賢明だ。

では、何故ホームレスのWoralopさんがこんな行動をとれたのか?

それは本物の信念の強さとお金の有難さを誰よりも分かっていたからではないだろうか。

本当にすばらしい人だと思う。

また、彼の行動はホームレスが財布を届けて幸せになっただけの話ではない。信じる事を貫けばきっと道は開けてくると教えてくれた。

昨今、自分の力を簡単に知る事のできる社会だ。それはそれで便利な世の中だけど、それを元にして夢や希望を簡単に捨てている人が多いような気がする。

簡単に夢や希望を捨てて納得できるならいいが、もし納得できなければやりたい事を思い切りやってみるのもいいのではないだろうか。

Woralopさんのように信念を強く持ち人生に立ち向かっていけば、いつどこで何が起こるかわからない。