俺の会社でたまにびっくりした感じで聞かれる。

「坂本君(俺の苗字)、うさぎ飼ってんだって!」と。

うさぎを飼っている人は珍しいみたいだ。

俺「はい、飼っています」

会「うさぎって懐くの?」

「懐きますよ」

「呼んだら来る?」

「来ますよ。気分屋なので来ない時もありますけど」

「うさぎは臭くないの?」

「尿は匂いますが、うさぎは臭くないです」

「トイレは覚えるの?」

「覚えますよ」

「だけど、うさぎは表情がないよね」

「ありますよ!」

「それに犬や猫と比べたら、うさぎって物足りないよね」

「そうですね」

うさぎの事を聞かれると、だいたいこのような会話のやり取りになる。

犬、猫>うさぎ

うさぎの事を何も知らないのに、うさぎが物足りないとはなんだ!

何故?物足りないと思う?

何も知らないのにうさぎを下に見るな!

と思うものの、うさぎを飼った事がない人に、うさぎの魅力など分かるはずがないと、黙ってしまう。

俺はむかし犬を飼っていたから分かる。

うさぎも犬と同じように物足りてる!可愛い!愛してる!(あまりにも頭にきたので、ちょっと乱れた言葉になってしまった。)

こんなくだらないうさぎの会話があった日には、家に帰って必ず、うさぎVSヘビの動画を見るようにしている。

癒されるからだ。( ̄^ ̄)

母うさぎが子うさぎを助ける為に勇敢にヘビと戦う動画。

子うさぎの為に命を張って戦う、母うさぎの愛情溢れるこの動画を見ると、改めてうさぎを好きになり、イライラした気持ちも収まる。

そんな会話があった日から数日後。

久しぶりに兄が家にやって来た。

久しぶりに会ったせいか、いつもよりたくさん話をしている。

そんな会話の中で兄が

「そういえば竜馬(俺の名前)ペット飼っていたよな?」

「飼っているよ。可愛いうさぎ!」

「あ~、ねずみに毛がはえたやつね!」

はぁ~、(`ヘ´)ねずみだと!

うさぎと言っているのに何故、ねずみに毛がはえたやつとわざわざ言う。

俺は完全にキレた!

「ねずみじゃねぇーし、うさぎだし!(*`Д´)ノ!!!」

と怒鳴った!

さっきまで温かい雰囲気に包まれていたこの部屋が、一瞬にして凍りついた。

それからしばらくして兄は帰る準備を始めた。

そして帰り際に俺に向かって

「じゃあ、またな!

ねずみにも、よろしく言っておいて!」

と言って去っていた。

兄が帰りカミの所に行くと、カミはひどく落ち込んでいた。

f:id:m-danjyo:20161111181421j:image

「ご主人様、僕はねずみなの?お耳の長いねずみだったの?」

「いや、いや違う!うさぎだよ!お耳の長い可愛いうさぎだよ!」

と言ったのだがカミは落ち込んで、ケージの中に一日中、閉じこもっていた。

それ以来、俺は兄の事を心の底から嫌いになった。