自殺図った男がライオン飼育場に侵入、2頭殺処分 チリの動物園
チリの首都サンティアゴにあるサンティアゴ動物園で21日、男が自殺を図ってライオンの飼育場に侵入する騒ぎがあった。動物園は男を保護するため、やむを得ずライオン2頭を殺処分し、居合わせた来園者らは衝撃を受けていた。
動物園関係者がチリ国営テレビに語ったところによると、この男はロープを使ってアフリカライオンの飼育場の中に降りるところを職員に発見され、動物園は直ちに緊急対応に乗り出した。雄1頭と雌1頭のライオンが本能的に男に襲いかかったため、動物園はこの2頭の殺処分が必要と判断。園長は、麻酔銃では間に合わなかっただろうと説明した。
園長は「園内の動物は家族同然なので、今回の事は非常に残念だ」と述べ、殺処分されたライオンは20年余り飼育されていたと付け加えた。侵入した男は年齢が20~30代で、重傷を負ったため病院に搬送された。
こんな事件が起こった。
もう、人は命について語る資格がないと思った。
全て人間都合。
人間様、様だ。
怒りしか沸いてこない。
園長の「家族同然なので残念だ。」
全く理解できない。
また人は、動物に対して取り返しのつかない罪を犯したと思った。
f:id:m-danjyo:20160522221611j:image
家族に愛を持っている人であれば、悪意のない家族を絶対に銃で殺さない。