俺が布団の中に入っていると、布団の隙間からこそこそとカミが俺の布団に入ってくる。

寒いのかな?

普段は暴れん坊のカミだけど、この時ばかりは静かに俺に甘えてくる。

カミの体と俺の手が触れ、カミの高い体温が気持ちいい。

しばらくすると、カミが俺の手にツンツンして、頭を撫でて!とせがんでくる。

生意気な奴だなと思いながらも頭を撫でる。

頭を撫でる最中に、カミの手と俺の人差し指で手をつなぐ。

カミは撫でられて、気持ちよくなったのか、眠りにつく。

その顔を見て、つられるように眠る俺。

数十分して目が覚める。

それに驚いてカミも起きる。

カミと目が合う。

f:id:m-danjyo:20161117232256j:image

「よく寝たね!ご主人様」

「カミもよく寝てたよ」

こんなカミといる、平凡な日々が幸せだ。